私の職業柄、多くの協力会社の方から名刺を頂く機会があります。
多い場合は、月で頂く名刺の枚数は100枚を超える場合もあります。
会社名や各業者の得意とする分野などで仕分けを行っているのですが、実際にその業者の方へ連絡したい際になかなか、顔が浮かんできません。

 その際に、助かる名刺とは、写真が入っていて、ローマ字等で読み仮名が入っているタイプのものです。
写真の入っているタイプの名刺は、文字だけのタイプに比べて、値段も高くなる傾向がありますが、名刺とは本来、自分自身を売り込むためのものです。
写真があるだけで、その後の話もしやすいという事もありますので、一種の投資と考えて購入してみてはいかがでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now