良く名刺にローマ字を使うことがありますが、このローマ字表記は
一般的には日本語の文字よりもかなり小さい活字が使われているようです。

そして、中にはローマ字が小さすぎて読めないほどの名刺もあるようです。
これでは何のためのローマ字表記なのか分かりません。
せっかく難しい漢字の氏名などをローマ字で補足しようとしても
小さすぎては効果がありません。

やはり名刺の活字は紙面とのバランスを考えてある程度は
大きいものを使うほうが良いのではないでしょうか。
名刺の活字は普通に読める大きさでこそ情報として役にたつことを憶えておきましょう。
名刺はアートではありません。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now