名刺の表側には顔写真があり、その他会社名からメールアドレスまで
ぎっしりと書き込まれていて、裏面には地図が目一杯掲載されている名刺は
受け取った人がそこになにかメモをしたい時に不便なものなのです。

名刺を受け取ってそこに何かメモをする人は多いのです。
例えばその名刺の主といつ会ったかと言う日付けなどをメモります。
ですから、名刺にはある程度の空白が欲しいものです。

また、空白があればいざと言う場合には仮の覚書や借用書、
領収書などの役目も果たすことができます。

腹八分ではありませんが名刺にも少し余白があると
何かと便利なものなのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now